4カ国のデータを使って
共通課題の解決を目指すハッカソン

アジアオープンデータハッカソンはオープンデータを使いアジアの共通課題の解決を目的に、2015年に初開催され、今年3回目を迎えるイベントです。

2017年5月11日にODA(台湾)とVLED(日本)の間でオープンデータの相互の利活用等を定めたMOU(覚書)が締結されたことを受け、今年初上陸しました! インプットセミナー(提供されるデータの解説)やハッカソンのプレゼン(国内予選を勝ち抜いた5チーム)は4カ国(台湾・タイ・韓国・日本)同時中継で実施する、インターナショナルなイベントです! 国内上位2チームは今年9月に台湾で開催される『Asia Pacific Open Data Summit』にて表彰され賞金を授与されます!

日本会場では、大阪東京富山の3会場で実施し、かつ全国からも参加できるように、オンライン受付も実施しました。

国際ハッカソンに興味のある方、オープンデータに興味のある方、気象に興味のある方等、幅広くご参加されました!
※2017年のお申し込みは終了しました。

#aodhack2017

アジア中のハッカー達とfacebookで繋がろう!

テーマ

本ハッカソンの目的はアジア共通の課題を解決することです。
以下の4つのテーマの課題解決を目指します。
4つの国から以下に関するオープンデータが提供され
また、スポンサーからのAPI等の技術提供があります!

  • Food Safety
  • Government Transparency
  • Weather Application
  • Climate Change
2017年7月22日(土) 国際インプットセミナー
オープニング

※4ヶ国同時中継でのセッションとなります。使用言語:英語
各国の取り扱うテーマについてインプット(各国の専門家が20分程度)
①各国提供するデータセット、②応用事例、③解決すべき課題の3点
会場:SENQ霞ヶ関(東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F)
※大阪会場は17:30から開催され、主にスポンサー提供の技術インプットと、アイデアソンを中心に実施しますのでご注意下さい!

詳しくはこちら:募集サイト

東京会場:
募集は終了しました。

大阪会場:
募集は終了しました。

photo01

7月22日15:10~15:30

台湾から専門家のインプットセミナー

photo02

7月22日15:30~15:50

タイから専門家のインプットセミナー

photo03

7月22日15:50~16:10

韓国から専門家のインプットセミナー

photo04

7月22日16:10~16:30

日本から専門家のインプットセミナー

7月22日16:30~17:00

Q&A

7月22日17:00~20:00

アイデアソン

スポンサーから提供される技術のインプットを行った後、当日の参加仲間が決まっていない方のためのチームビルディングも含め、簡易なアイデア創発を行います。

2017年8月5日-6日 ハッカソン(西日本・東日本)大会開催
東日本・西日本の各拠点で2箇所同時で開催するハッカソン

台湾チームも国際予選を同日に実施します!朝10:35に会場をつないで一緒に始めます!

会場の様子は可能な限り随時更新しますので、全国で参加したいエンジニアや企業のためにオンライン公募も実施します。
※ハッカソン終了時間と同時刻に締め切り予定

東京会場:
募集は終了しました。

大阪会場:
募集は終了しました。

富山会場:
募集は終了しました。

photo01

東京会場

DAY.1(8月5日):9:30〜22:00

DAY.2(8月6日):9:30〜20:00予定

場所: Samurai Incubate(天王洲アイル)

line

photo02

ファシリテーター

HackCamp CEO 関 治之

photo03

大阪会場

DAY.1(8月5日):9:30〜22:00

DAY.2(8月6日):9:30〜20:00予定

場所 あべのハルカス(天王寺)

line

photo04

ファシリテーター

Yumake合同会社 代表 佐藤 拓也

uozu

富山(魚津)会場

DAY.1(8月5日):9:30〜19:30

DAY.2(8月6日):9:30〜20:00予定

場所: 真成寺会館(魚津)

line

tominari

ファシリテーター

富山県Code for 連絡会 冨成 敬之

2017年8月19日 DemoDay開催 14:30〜19:00
4ヶ国を繋ぎ、東日本・西日本の各拠点及びオンライン公募で審査を通過した上位5チームが、プレゼン&デモ!

各国の予選を通過した上位チーム(5チーム)がプレゼンし、審査を行います。※プレゼンは原則英語で実施予定

senq

8月19日14:00〜14:30

開場・受付

intro

8月19日14:30〜15:00

本事業の概要説明(日本語)

photo01

8月19日 15:00〜15:15

各国政府関係者よりオープニングスピーチ
ゲスト:内閣官房 参事官 山路 栄作様

photo02

8月19日15:15〜15:30

各国審査員紹介(3名ずつ)

photo03

8月19日15:30〜17:30

プレゼン&デモ

全体で合計20チーム(5分/チーム)

photo04

8月19日17:30〜18:00

審査&結果発表
※サミットで表彰を受ける上位2チームを選出します

『ASIA PACIFIC OPEN DATA SUMMIT 2017』にて表彰式

photo01

2017年9月14日-15日予定

ウィンニングチーム(各国2チーム)から代表1名ずつが台湾で実施されるサミットで表彰されます。旅費は事務局負担。

エグゼクティブスポンサー

パートナースポンサー

技術提供スポンサー

データ提供協力

提供データ詳細

防災情報XMLフォーマット形式電文サンプル

↓データ内容イメージ

↓短期予報データから取得できる情報

↓生物季節観測データ

【概要】
気象警報や津波警報、地震情報等の気象庁が発表する防災情報をXML形式で提供するものです。
気象データ高度利用ポータルサイトから入手することができます。

【提供データ例】

・短期予報(左図)
左図の通り、気象庁予報部発表の短期天気予報のデータを取得することが出来ます。
(毎日5時・11時・17時に発表・更新されます)

・生物季節観測データ
全国の気象官署で統一した基準によりうめ・さくらの開花した日、かえで・いちょうが紅(黄)葉した日などの植物季節観測(注)や、 うぐいす・あぶらぜみの鳴き声を初めて聞いた日、つばめ・ほたるを初めて見た日などの動物季節観測を行っています。
観測された結果は、季節の遅れ進みや、気候の違いなど総合的な気象状況の推移を把握するのに用いられる他、 新聞やテレビなどにより生活情報のひとつとして利用されています。
このデータを取得することも出来ます。

【提供方法】
①PUSH型:入手先
XML電文の更新情報をオープンなプロトコル(PubSubHubbub)を用いて通知します。
ユーザーは通知を受けて電文を取得します。通知の受信にはユーザー登録が必要です。
公開されるXML電文(PUSH型)の更新情報を受け取るためには、所要のシステムを構築していただき、更新情報を仲介するハブへのsubscribe登録を 実施する必要となります。(つまり、利用者はインターネット上からアクセス可能なサーバを立ち上げ、XML電文の更新情報をハブから受け取る必要があります。) 詳しい構築方法や電文公開の仕組みの概要についてはこちらをご参考ください。 従来、この仲介となるハブへのsubscribe登録が必要となるところ、今回のハッカソンではサンプルデータを提供します。

②PULL型:入手先
XML電文の更新情報をHP上に掲載しています。
掲載された更新情報をもとに、ユーザーは任意のタイミングで電文の取得が可能です。
ユーザー登録は不要です。
更新サイクルの異なる2つのAtomフィードが取得可能であり、自動処理等、用途に合わせてご利用いただけます。
※取得可能な電文一覧はこちらをご覧ください。
・Atomフィード
○高頻度フィード
※毎分更新し、直近少なくとも10分入電を掲載しております。
○長期フィード
※毎時更新し、数日間の全入電を掲載しております。

今回のハッカソンでは2017年7月3日-5日のサンプルデータを提供します。

↓サンプルデータはこちらから取得してください

サンプルデータを取得するicon-arrow

気象観測データ

【概要】
全国に配置されているアメダスの観測データ(風向・風速、瞬間風速、気温、最高・最低気温、日照、降水量、積雪深等)の 最新データ及び過去データをCSV形式で提供するものです。
・最新の観測データ
こちらから入手することができます。
全国のアメダスの最新の降水量、最高・最低気温、最大風速、積雪深などのデータを、機械判読に適したデータ形式(CSV形式)でダウンロードすることができます。
・過去の観測データ
こちらから入手することができます。
昨日までのアメダスの気象観測データについて、取得したい地点や期間、データの種類等を選択し、CSVファイルとしてダウンロードすることができます。

気象衛星データ

【概要】
気象衛星の観測結果をPNG形式で提供するものです。
こちらから入手することができます。
今回のハッカソンでは2017年7月3日-5日のサンプルデータを提供します。

↓サンプルデータはこちらから取得してください

サンプルデータを取得するicon-arrow

提供技術詳細

仮想メッセージルーター by Solace Corporation様

オープンなプロトコルで利用可能なメッセージルータを提供します。
防災情報XMLデータをメッセージルーター上で配信、これにより、アプリケーションをお好みの環境・言語で開発いただけます。
PubSubHubbubで登録・ハブ構築が必要など、扱い辛い部分を解消する目的で今回提供していただきます。
提供されるデータをフィードするだけでなく、データをパブリッシュすることも可能です。
メッセージルーターを利用するための情報は以下のメールアドレスにご連絡ください。
naomoto.matsuki@solace.com

RESAS-API サポート by チームラボ株式会社様

RESASは、地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する、 産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し可視化するシステムです。
このRESASの可能性をさらに広げるために「RESAS-API」が公開されました。
詳しくはこちらからご確認いただけます

本ハッカソンでは、その開発元であるチームラボ様より、活用サポートをいただきます。
※東京会場においては、8/5(土)にインプットあり。
その他は遠隔(facebookグループ上)で質問・回答いただきます。

高品質日本語音声合成エンジンAITalk® WebAPI by 株式会社エーアイ様

高品質日本語音声合成エンジンAITalk®は、テキストを音声に変換して発話させる技術です。
ロボットの音声やナレーション、ゲームや防災無線など、幅広く活用されています。
今回提供のAITalkWebAPIは、高品質日本語音声合成エンジンAITalk®をSaaS型で利用できるサービスです。
一部話者では感情表現も可能で、単調な音声合成のイメージを覆す表情豊かな音声読み上げが実現できます。
詳しくはこちらからご確認いただけます

本ハッカソンでは無償利用できるアカウントが特別提供されます(会場限定配布)。

パーソナル ウェザーステーション by NETATMO社様

Netatmo ウェザーステーションは、屋内用と屋外用の2つのモジュールで気温や湿度、 CO2濃度を継続的に測定して空気質を評価し、日々の健康管理に役立てることができる アプリ連動型ウェザーステーションです。
観測データには、iPhoneやスマートフォンのアプリのほか、PCブラウザからも簡単にアクセスできます。
詳しくはこちらからご確認いただけます

本ハッカソンでは大阪会場・東京会場にて、2台ずつガジェットを用意しています。
原則サポートは、遠隔(facebookグループ上)での質問・回答のみとなります。

Monaca by アシアル株式会社様

Monacaは開発環境のセットアップが不要なクラウド上で動作するアプリ開発環境です。
ソースコードをクラウドで共有できるためチームでの開発に最適です。
また、Cordovaを用いたクロスプラットフォーム開発に特化しており、 iOS/Android両対応のアプリを『HTML5』と『JavaScript』言語で開発できます。
詳しくはこちらからご確認いただけます

本ハッカソンでは無料で利用できるアクティベーションコードを希望者に配布します(原則、会場限定)。

実証実験サポート by ブロードバンドタワー様

株式会社ブロードバンドタワーは、「高度なインターネットソリューションの提案者」としての責任を果たすため、 お客様に各技術の分野に精通したスタッフが綿密なヒアリングを行い、単なるデータの保管場所ではなく「ベストソリューション」を提案するデータセンターです。
本ハッカソンでは賞品の提供及び実証実験のサポートを行っていただきます。
※実証実験は大阪・グランフロントにて宇宙ハックさんのイベントと同時開催させていただきます。
詳細は上記リンク先facebookページにて更新いたします。

英語プレゼンメンタリングサポート by Co&Co様

Co&Coは"COMMUNITIES WITHOUT BORDERS, IDEAS WITHOUT LIMITS"をコンセプトに、 世界中の国から人々が集い、本と人を通じて世界とつながる場、 国籍も年齢も問わず、フラットでいられる場、仕事の場としても、勉強の場としても、 フレキシブルにつかえる場「ワールドラウンジ」を札幌と京都で運営しています(京都2017年秋オープン)。
詳しくはこちらからご確認いただけます

本ハッカソンでは、2017年8月19日のデモデイに出場する国内の5チームに対し、英語でのプレゼンのメンタリングを、無償で提供致します。
(各チーム 1〜2時間程度のプレゼン資料ブラッシュアップを想定。資料の丸投げ作成委託ではございません。)

その他の補助オープンデータ

生駒市オープンデータ

【概要】
行政の透明性・信頼性の向上、市民参加・官民協働の推進、地域経済の活性化、行政における業務の高度化・効率化を目的に生駒市がオープンにしているデータです。
防災・減災情報、地理空間情報、統計情報
市民・事業者等からの利用ニーズや問合せが多い情報
施策に関する情報や、積極的に広報を行う必要がある情報
などが特に積極的にアップされています。
こちらからポータルサイトをご確認いただけます。

大阪市オープンデータ

【概要】
大阪市が保有する公共データを二次利用について明示し、提供(公開/オープン化)するポータルサイトです。
ライセンスの条件の範囲内で、どなたでも無料で活用することが出来るもので、2017年7月時点で16,000以上のデータセットが公開されており、 一部のデータについてはLinked Open Data形式でのAPIも提供されています。
詳しくはこちらからご確認下さい。

神戸市オープンデータ

【概要】
神戸市が保有しているオープンデータを横断的に検索できる、データ活用のためのサイトです。
観光・文化・イベントや子育て・教育など、様々なデータセットが提供されており、どなたでも無料で活用することが出来ます。
Linked Open Data形式でのAPIも提供されていることに加え、これまでのオープンデータを活用したAppがgit上で公開されています。
詳しくはこちらからご確認下さい。

セミナー

台湾

台湾の提供するデータはこちらから参照いただけます。

タイ

タイの提供するデータはこちらから参照いただけます

日本

気象庁の提供するデータはこちらから
サンプルデータ(2017/07/03-05)はこちら

韓国

韓国の提供するデータはこちらから参照いただけます。

FAQ

Q:日本はどんなデータを提供するの?

A:気象庁が発表する気象データです。そのままだと扱いづらい(プロトコルがPubSubHubbub)ので、サンプルデータ(2017年7月3-5日)を提供しています。

Q:ハッカソンの申し込み締め切りはいつ?

A:東京:8月4日、大阪:8月5日です。

Q:参加費はかかる?

A:無料です。お食事も提供します。

Q:個人でも参加可能か?

A:国際規定で2−5人のチームが必要で、ボッチソンや多人数ができません。
どうしても個人参加になるという方は当日マッチングします。

Q:自社製品をデータと組み合わせて海外でPRしたいんだけど。

A:ウェルカムです。

Q:自社の技術をハッカーの人たちに使ってもらいたい。

A:スポンサーシップでお問い合わせください。

Q:各国の API のドキュメントは英語ですか?

A:ほとんどが自国語です。。政府が公開しているデータなので、ほとんどドメスティックにしか使われていません。
従いまして、データをどこから取得できるのか、などの情報は確認次第facebookグループに投げ込みます。

Q:制作物は、WEBサービスでなくても良いのでしょうか? 料理とか、ボードゲームとか…?

A:原則、workable applicationが対象です。なので基本的にはソフトウェアが想定されます。
また、国際審査基準にデータの活用度(20%)、技術的難易度・活用価値(20%)があるので、料理ですと配点は低くなります。(ハッカソンで調理してる絵は個人的に気になりますが..)

Q:他の国のデータだけで進めていい?

A:スミマセン、原則自国のデータを活用してください。他国のものは組み合わせとして使っていただく想定です。

審査基準ハッカソン及びデモデイの審査基準です

  • criteria
  • criteria
  • criteria
  • criteria
  • criteria

作成物の国際水準作成物の国際水準等

  1. 必ず自国のオープンデータを活用して下さい
    (他国のものを活用する場合も、自国のものと組み合わせて下さい)
  2. 本ハッカソンで作成したソフトウェア等については、オープンソースにして下さい(文書・コード・データ等は全て OSI(http://opensource.org/licenses) の基準に基づき、記録して下さい)
  3. 各国で開催されるハッカソン(日本の場合8月5 - 6 日)において一次選考され5チームのみデモデイに進出していただきます
  4. 国内ハッカソンのスクリーニング結果は8 月10 日頃までに発表します
  5. 原則チームエントリーです(2名ー5名)。※個人の方も会場にお越しの場合、チームビルドをサポートします。
  6. デモデイは英語で実施します
  7. 他の大会等で表彰を受けたものを提出してはいけません

オンライン提出の要件お申し込み受付は終了しました

期間 2017年7月22日-8月6日正午まで
提出
方法
説明したPPT、作成したアプリのコード、動画をアップロードし、期限内にメールでご提出下さい。
提出物
提出先 お申し込みは終了しました。

国際インプット:講師2017年7月22日インプットセミナーで日本のオープンデータの状況、課題などについて登壇の講師紹介

photo

Mayumi MIURA - 三浦 まゆみ -

気象予報士・アナウンサー・調査員

経済シンクタンク秘書、新聞社・編集者を経て、気象情報キャスターに転身。その後、気象情報チャンネルプロデュース及び番組制作、キャスター育成など、 マスメディア及び気象業界に多数の実績を残し、現在、フリーランスの気象予報士、アナウンサーとして活動する傍ら、 シンクタンク調査・報告書作成(環境・エネルギー、交通インフラ分野)に従事。

デモデイの審査員(日本)2017年8月19日デモデイに選出した5チームの審査を行う審査員の紹介

photo

庄司 昌彦

国際大学GLOCOM准教授
オープン・ナレッジ・ジャパン代表理事
インターネットユーザー協会(MIAU)理事
内閣官房IT室オープンデータ伝道師

photo

深見 嘉明

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 (立教ビジネススクール)特任准教授。
特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 理事。 経営情報学研究者。博士(政策・メディア)。

photo
三浦 まゆみ

インプットセミナー講師